JP / EN

TECHNOLOGY / SERVICE

Thrombo Translational Research Lab Inc.

技術紹介 / サービス案内

TECHNOLOGY

技術紹介

イメージ画像

初期に形成する活性型の血液凝固第X因子に
スポットを当てた技術力

         

当社は、血栓止血のかかわる病気に対する革新的な検査技術や医薬品の創出を目指しています。血栓研究の中で着目しているのが、血液凝固の開始初期に起こる活性型の血液凝固第X因子(FXa)と第V因子(FVa)の形成機構です。

FXaは、活性型の血液凝固第V因子(FVa)とプロトロンビナーゼ複合体を形成してプロトロンビンを活性化し、トロンビンを形成する重要な血液凝固因子です。FXaをターゲットにしたdirect oral anticoagulants(DOACs)と称される抗凝固薬が登場し、脳梗塞や静脈血栓症の治療において広く使用されるようになった事から、FXaの形成機構の解明はますます重要になっています。

組織因子(tissue factor, TF)が活性型の血液凝固第VII因子(FVIIa)と複合体を形成しFXを活性化させ、FXa を生成することは良く知られています。最近の研究から、生成したFXaがFVIIa-TFから遊離して完全な活性化型に変換する前に、一過性ではありますが、FVIIa-TFと複合体を形成したまま、つまりFXa-FVIIa-TFの3量体の状態で、酵素活性を発揮することが明らかとなりました。例として、FXa-FVIIa-TF がprotease-activated receptor 2 (PAR2) という細胞膜レセプターを切断し、活性化すると報告されています(Blood 130: 1604-1605, 2017)。

【 FVIIa-TFによるFXの活性化 】

FVIIa-TFによるFXの活性化の図解

FXaは活性型の血液凝固第IX因子(FIXa)の作用によっても生成します。このFXaの生成には、FIXaの補酵素である活性型の血液凝固第VIII因子(FVIIIa)の存在が不可欠です。これまでFVIIIa は、トロンビンによるFVIIIの活性化を通してのみ生成するというセオリーが主流であったことから、FIXa-FVIIIaによるFXa の形成は血液凝固反応の初期ではなく、凝固反応が増幅されトロンビンが過剰に産生される際に起こると考えられていました。しかし最近になって、FVIIIの活性化にTF 経路が関与することが明らかとなり、またFIXaがFVIIa-TF の作用によって生じることから、凝固反応の初期においてもFIXa-FVIIIaによるFXの活性化は起こっていると考えられます。

当社代表の神窪は、TF経路の産物であるFXa-FVIIa-TFの3量体が
FVIIIを活性化することを報告しています。

Selective factor VIII activation by the tissue factor-factor VIIa-factor Xa complex. Blood.130(14):1661-1670, 2017

FVIIa-TFに結合したFXaによる
FVIIIの活性化とFIXa-FVIIIaによるFXの活性化

FVIIIの活性化図解
blood(R)

SERVICE

サービス案内

イメージ画像

高感度の血液凝固検査「SMAT」キットの開発

         

新たなトロンビン産生試験用試薬キットの製品化

SMAT検査とは?
         

トロンビン形成(産生)試験は、包括的な血液凝固検査の一つであり、近年血液凝固の異常を調べる新たな検査システムとして注目されています。当社は、代表の神窪が発見した新たな血液凝固メカニズム*を基にして、従来の試験法を大幅に改良した高感度の微量トロンビン形成試験を構築し、専用の試薬キットを開発しています。

血液凝固の初期に形成する微量のトロンビン量を調べる血液凝固検査として、当社ではSMAT(Smart Analysis of Thrombin Production)と呼んでいます。
※Blood. 130(14):1661-1670, 2017より

SMAT検査を応用できる実施例
  • ●血栓症や出血患者の血液凝固の異常や変化を調べる研究
  • ●血栓と他の重篤な疾病(がん、COVID-19等)との関連検査試薬開発
  • ●血栓がかかわる疾患に対する治療や予防薬の開発
  • ●血液を扱う体外循環装置や検出機器の開発

NEW! SMAT検査試薬キットのラインナップ

2種類の研究用SMAT検査試薬キットをご紹介します

SERVICE 01
SMAT-TFキット
 
組織因子(Tissue Factor, TF)凝固経路を介して形成する初期のプロトロンビナーゼ複合体を検査するトロンビン産生試験です。FVIII-FIX凝固経路を阻害しているためTF経路に高い特異性を有しています。

             
             
【TF経路のプロトロンビナーゼ複合体検査原理 】
FVIIIに依存しないSMAT検査試薬キット原理図解
SERVICE 02
 
SMAT-FVIII/FIXキット(仮)
FVIIIはその機能異常や欠損が重篤な出血を招くことはよく知られていますが、逆に過剰に存在する場合血栓症を引き起こします。
FXa-FVIIa-TFの3量体によって活性化されたFVIIIに依存して形成するトロンビンのみを定量するSMAT検査試薬キットです。

※現在開発中です。
【 FVIIIに依存するSMAT検査試薬キット原理 】
FVIIIに依存するSMAT検査試薬キット原理図解
そのほか、カスタムオーダーの製品や研究用検査受託サービスにも対応の予定です。 お問い合わせ下さい。